2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
ありがとう(7W5D)  10/26/2008  
この日は雨だったきがする。
お母さんが心配して来てくれた。
亮ちゃんは仕事が大変なことになってたので、
今日は休日出勤。

出血の量も相変わらずすごくて、
昨日の夜はお腹もなんどか痛かったから、
そろそろなのかなって思った。
昨日あった、お腹の違和感もなくなってた。

亮ちゃんに仕事行く前に、お腹に手をあててもらって
「ちゃんと挨拶しといてね・・・」っていった。
亮ちゃんは「ありがとう・・」って言ってた。


(グロテスクな描写があると思います・・・苦手な人はスルーしてください)
でも相変わらずお腹は痛くならなくて、
出血も生理二日目以外の出血ぐらいで、
血の塊もたくさんでなかった。

お腹にいるのか、もういないのかもわからなかった。

お母さんに体温はかったり、妊娠検査薬つかってみて
いるのかどうか確かめたら?って言われた。

私は、もういなくても悲しくて嫌だったし、
まだお腹にいても、こんなに出血しているなかいるなんて、かわいそうで嫌だった。

でも月曜に病院に行っていいかわからなかったから、
夕方ごろ体温を測った。
体温は37.05度。
まだ高温期だった。
妊娠検査薬もためしたら、
終了線より先にくっきりとラインが出た。

まだがんばってるんだ、ベビ・・・。
ずっと止血剤を飲んでいて、でも
出血は全然とまらなくて、
でも、薬を飲むのは、なんかすごくつらかった。
運命に笑われているような感じ・・?
飲んでいることで、ベビを苦しめてないかとも思った。
でも、ベビはこんな中でもがんばってる。
だから、私も薬を飲まないとって思った。

でもやっぱり夕方からまた、
お腹に違和感を感じた。
夜になったら、お腹も痛くなってきた。
「いよいよなんだな・・・」って思ったら悲しかった。

トイレに行くのも怖くて、何度も部屋をうろうろして
トイレに行ったら、血の塊をじーーーーーっとみて、
手で触って、ベビじゃないかって、ベビを探して、
でもやっぱりわからなくて、悲しくって、
昨日より違和感がなくなってたから、
反応が出たから、
「もしかしたらこのままいけるのかも」っておもってた
わずかな気持ちもなくなった。

それ以外の時はソファでやっぱりウェルカムベアを作ってた。
亮ちゃんが7時ごろ電話かかってきて、
「今日は徹夜になりそう・・・」とのこと。
一度おうちに帰ってきて、(うちのお母さんの作った)ご飯食べて、お風呂はいって、
私にがんばってね、っていって心配しながらまた出かけて行った。

10時くらいかな?相変わらず私はウェルカムベアを作っていたのだけど
重い生理痛くらいにお腹が痛くてつらかった。
その中で、一回ずきっ!っていうするどい痛みがあった。
あ。。ベビちゃんお空に帰っていったんだな・・・・ってわかった。。
その後、10分くらいして、お母さんがお風呂に入れとうるさいので(笑)
お風呂に入った。
シャワーで体流してるときに、にゅるっ!って何かが大量に出た。

私は「あっ!!!」って思ってみたら、大量の血の塊。。。
我も忘れて、その血の塊必死で両手ですくって、
一生懸命血の塊を見ても、やっぱりわからない・・・。
それっぽいのがある気もするけど、ない気もする。
やっぱりわかるわけがないよ。。。。たった8mmの胎のう・・
たった4mmのベビ・・・。
ほんと絶望だった・・・。
誰にもわからずに、トイレや排水溝に流れていってしまうなんて
悲しすぎる・・・。
生暖かい血のかたまりを手でぎゅってして、それから手の血の塊を流して、
まだ血の塊落ちてないかなって、
床に目をやったら、





あっ!!!!!!ベビがいた!!!!!




って思った。
排水溝のカバーと床の溝のところに
あきらかに血の塊とは違うものがぷるぷるしてた・・・。
以前「明けない夜はないと信じて」のひなさんが書いてくれてたの、
ほんとだったよ。ひなさん。ありがとう。
ベビわかったよ。

しろっぽくて、プルプルしたものが溝のところにひっかかってた。
「お母さん気づいて!」って言ってるようだった。
私は急いで拾って、水で綺麗に流してみてみると、
やっぱり血の塊とは全然違うものだった。
白っぽくて、半透明で、まるくって、中には羊水があって、
大きさは、1.5cmくらいだった。
中をみると、卵の白身みたいなかんじ?
濃い赤い部分と透明な液体の部分と血と混ざってにごっている部分とあった。

裸なのも忘れて、お風呂でお母さんを呼んで、
「これあかちゃんだと思うんだけど・・・・」って
手のひらのを見せた。
お母さんも
「・・・・そうかもねって」
指で触ってたら、濃い赤い部分がキラキラって動いたような気がした。
まだ生きてるの?って思ったけど、
多分指でいじったから羊水がうごいて、そう見えたんだと思う。
でもまだあたたかかった。
それをそっと手で包んで、ありがとうっていった。
やっとあえたねって。

きっと亮ちゃんと私の声が聞こえてたんだね。
亮ちゃんが会いたいって言ってたのがわかってたんだね。
だから、お風呂の時間に外にでてきてくれたんだね。

亮ちゃんは仕事だったけど、
亮ちゃんにもあわせてあげられるっておもった。
容器に入れて、冷蔵庫に入れておいた。


・・・こういうのって気持ち悪いなって思う人もたくさんいると思う。
でも私と亮ちゃんは、ほんとに最後にベビにあえてよかったって思った。
ベビに救われた気がした。
結局私は完全流産(自然流産)になってしまったけど、
最後にベビにあえた、手で直接触れられた。ありがとう・・。
赤ちゃんに会えるまで・・・ | (*゚▽゚*)ぷれまま  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kimitoyukusora.blog106.fc2.com/tb.php/502-815d7fd7

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

いくつになったの

最近の記事+コメント

カテゴリー

リンク

プロフィール

大きくなぁれ!

gremz

ブログ内検索