2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
簿記2級覚書  11/17/2010  
ノートがないからこちらに覚書。

問題文をきちんと読む。
解答欄に空欄がないか確認する。
勘定科目が使用できるものか確認する。


・相互配賦時は自身の部門は入れずに配賦
・満期保有目的債権は決算時に時価は気にしない。
・商品評価損に評価益は入れない。
・売上債権に未収金は含めない。
・売上原価に算入する→仕入れにプラス
・売上総利益→営業利益→経常利益→当期純利益
・予定配賦額=予定配賦率x実作業時間
・開発費、開業費、創立費 最長償却年数5年
 株式発行費3年
 社債発行費 社債の期間内
・月割計算 1日でも使用していたら1ヶ月とカウントする。
・売買目的有価証券を購入後、売却するとき、利息は購入日からでなく、前回の利払日から計算して払う。
・合計試算表→両方 残高試算表→片側
・内部利益勘定がある場合、繰越利益剰余金には、期首内部利益分を減算しなくてよい。
 ただし、繰越商品には内部利益が含まれているので、減算すること。
・税抜方式の場合、消費税決算時 未払消費税、仮払消費税、仮受消費税
 税込方式の場合、消費税決算時 未払消費税、租税公課

・翌期までは通常勘定 翌々期からは長期○○勘定
・直接原価計算=変動分のみ 全部原価計算=固定費含む
・切放方式=帳簿高決算時毎年更新 洗替方式=帳簿高は取得原価に戻す(原則)
・法人税、住民税、事業税 全て法人税等
・光熱費、測定額と支払額があった場合測定額を優先させる。


明日だ!明日!がんばるどー!
仕事と資格 | φ(・ェ・o)学問  | Page Top↑

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

いくつになったの

最近の記事+コメント

カテゴリー

リンク

プロフィール

大きくなぁれ!

gremz

ブログ内検索